ハイランドの土砂崩れ、いまだに市道は通行止め

 6月7日の未明、尻こすり坂の上、ハイランドの入口で大規模な土砂崩れが発生し、国道が一時通行止めとなりました。 現在も市道部分は再崩落の危険性があることから、通行止めとなっています。前日からの大雨によるものですが、これについて、昨日、土木部からの説明がありました。

画像

 この場所は昨年10月の台風の際、斜面が崩れ、取り敢えず仮の柵が施され、その後、鋼材による防護柵が造られ、崩れた斜面にはブルーシートが掛けられていました。
 そして、土地の所有者に対しては、崖の上部に造られた高さ6mのコンクリート擁壁が届け出がされておらず違反であることも含め、斜面を安全な状態にするよう勧告書を送り、複数回の協議も行ってきたということですが、結局はそのままでした。

画像

 そして、今回、コンクリート擁壁そのものも一緒に崩れ、市道を越えて、その下にある駐車場を埋め、国道にまで達してしまったものです。埋まってしまった車2台の保障など今後の問題となってきますが、これに似たような場所は市内に数多くあり、決して他人事ではないように思えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック