まぼろしとなった 「特別委員会」

 今日は、明日から開かれる第3回定例会のための議会運営委員会が開かれ、一般質問の順番などを決定したのですが、特別委員会の設置をめぐって協議が長引きました。
 私の会派から提案した市施設の統廃合をする施設配置適正化計画に関する特別委員会の設置については、6月の議会で提案し、具体的な審査の方法などで、その後、幾度も各会派間の調整を行ってきました。
 そして、今日の会議でまとまるだろうと思われ、人選の準備にも入っていたのですが、矢島真知子団長率いる「無所属みらい」が最終段階になって「会派で決めたことは変えられない」として全体としてほぼまとまった妥協策に応じず、設置はなりませんでした。
 それならば、最初の段階から反対を主張すればと思うのですが、各会派での努力も水泡に帰してしまいました。
 公明党から提案された中学校給食の実施に関わる特別委員会の設置については、若干の議論もありましたが、設置が決まりました。
 また、市史編纂に関わる資料の一括した保存などに関する請願が、提出期限を過ぎた後に出されたのですが、緊急性があれば認められることから、審査の対象となりました。
 すでに、市では市史編纂の担当係を9月で廃止することが決まっており、大半の会派は、緊急性ありと認めました。しかし、これについても、「無所属みらい」だけが「緊急性がなく、次の議会で審査すればよい」と異を唱えたことから、議論となり、休憩して協議が行われ、ようやくにして審査が認められることになりました。
 議会運営委員会は全会一致を原則としており、会派間の合意形成を図っていくことが最大の課題で、それに努力していくことが求められているのですが、市全体のまちづくりを進める上で重要な課題であるにもかかわらず、たいへん残念な結果となってしまいました。

画像
     
          我が家の網戸につかまっていた ヤモリ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

不要論者
2016年09月03日 00:17
「全体としてほぼまとまった妥協策」って、
そんなあいまいな状況で建設的な議論ができるのでしょうか。
委員会を設置することが目的になっていないのか、
非常に疑問です。
未来
2016年09月03日 00:27
せっかくまとまりかけた角井案に納得しなかったのは小林議員。
研政として意志の統一ができなかったということを正直に説明するべきです。

それよりも、議会運営委員会での決定事項について、あたかも特定の会派や議員の妨害があったかのようにコメントしている小林議員。
またまたまた、謝罪することになるのではありませんか。
次の議会運営委員会が楽しみです。
つのい基
2016年09月03日 18:06
議会運営委員会では、運営に関するすべての案件について協議が行われますが、各会派の考え方が最初から同一ということは稀です。議論を重ね、妥協をしながら、その違いを一つにまとめていくのが議会運営委員会です。
他会派や議員への誹謗・中傷はしてはなりませんが、事実を書くことに問題はないと思います。25日の議会運営委員会には、欠席した長谷川議員の代わりに私が出席して説明をしました。もちろん会派として意思統一をしたものです。

この記事へのトラックバック