会派でYRPを視察。「バイオチップ携帯」で健康管理へ

 梅雨が明けて、30度を超える暑さの中、会派でYRPの視察に行ってきました。まず、センターで横須賀リサーチパーク・YRPの概要について説明を受け、続いて、ワイヤレスネットワーク総合研究センターのセンター長から同センターの役割や研究内容、成果などについて個別に説明を受けました。要するに様々な分野における無線通信の研究開発で、各家庭にある電気・水道・ガスのメーターを自動管理するスマートネットワークの構築は、近い将来にも実用化されるであろうと期待されます。

yrp1.jpg
 最後にドコモの研究所に移動し、研究開発の内容を聞かせてもらいました。ドコモが携帯電話を通じて「管理」している膨大な位置情報は、「モバイル空間統計」というビッグデータとなって災害対応などに活用されるであろうこと、また、「バイオチップ携帯」といって通話の際の息や指先の微量な汗などをセンサーが読み取り、それをデータとして蓄積して健康管理に役立てる、緊急時には病院からの連絡が入る、ということは決して夢物語ではないであろうと思われました。
 久しぶりのYRPでしたが、有意義な中身の濃い半日でした。

yrp2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント