韓国で日本製品の不買運動が起きていますが・・・

 日本と韓国との関係がおかしくなっています。戦時中の従軍慰安婦を象徴する「少女像」、そして、同じく戦時中の不当就労を根拠とする「徴用工裁判」、それに基づく日本企業への賠償請求など、立て続けに関係悪化を招く事案が起きています。
 今の安倍政権が、かなり右寄りであり、それに対して不満をもつことは分かりますが、日本の大半の国民は、韓国に対して敵がい心などありませんし、戦時中の日本の行いについては、その過ちを認めています。私の小さな頃は、まだ朝鮮人を蔑視する風潮が残っていましたが、今は皆無です。だから、韓国への旅行者も多いのです。そして、韓国からも多くの旅行者が日本へ来ています。
 気になるのは、韓国の国民がこぞって日本製品の不買運動を起こしていることです。しかし、日本では韓国製品の不買運動など聞いたことがありませんし、そのようなことを言う人もいません。ましてや、行政機関がそのような動きをすることなど考えることすらできません。あり得ないことです。
 その違いは、いったいどこにあるのでしょうか。日本では、太平洋戦争を教訓として不戦の思想、国際協調の大切さを教育してきたのに対し、韓国では、戦時中の日本が行った振舞いを根拠に反日的な教育をしてきたと聞いたことがあります。それが事実であったということでしょうか。それならば、理解できなくはありませんが、であるとすると、教育とは空恐ろしいものと言わざるを得ません。
 ともあれ、現状の打開が求められています。安倍首相は歴代で最多の外遊をしていますが、最も近い隣国である韓国には、何度行ったでしょうか。最近では平昌オリンピックのときに行ったのみで、国際会議では訪れているものの、単独で訪問したことは一度もありません。もちろん、日本側の言い分もありますし、主張すべきは主張すべきです。しかし、このまま平行線では泥沼化するばかりであり、胸襟を開いて話し合う必要があると思います。
 かつて、小泉・元首相が単身北朝鮮に行き、拉致被害者を連れ戻してきたことがありましたが、それくらいの気概をもって、ことに当たってほしいものだと思います。

スイレン.JPG
 スイレン。毎年、一つだけ咲きます。
0

この記事へのコメント