千葉県内の災害廃棄物を本市で受け入れへ。災害ボランティアはフェリー料金を無料に!

 台風15号により千葉県では大きな被害を受け、大量の災害廃棄物が発生しています。そこで、本市では、対岸の近隣自治体からその廃棄物(燃せるごみ)を受け入れることを環境省に申し入れました。
 東京湾フェリーを利用すると対岸の金谷から久里浜までは約40分、そこから南処理工場までは約5分です。市の収集車で東京湾フェリーを利用して被災自治体から収集し、運搬します。計4台の収集車を使用し、1日2往復で、1日に10トン程度の受け入れができる見込みです。
 また、千葉県への災害ボランティアに駆け付けたい市民を支援するため、東京湾フェリーの往復料金を無料にします。東京湾フェリー・久里浜ターミナルの窓口で申し出、申請書に記入します。期間は、明日9月21日(土)から9月30日(月)までです。

三笠公園1.png
 台風による高波で三笠公園の岸壁が崩れ、内部の土砂が流出して空洞ができている可能性があり、危険なことから野外ステージ前の広場や噴水池などが立ち入り禁止となっています。そのため、11月に予定されていた「産業まつり」は中止となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント