ブレーキ・アクセルの踏み間違え防止装置の取り付けに補助へ

 高齢者による交通事故が度々報道されていますが、その中で、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が多く、それによる交通事故を防止するため、ペダルを踏み間違えたときに加速を抑制する装置を取り付ける際に補助する制度の新設が提案され、昨日の生活環境常任委員会で審査されました。
 ディーラーや量販店などで装置の金額は異なるのですが、安いものは3万円前後からあるということです。補助の対象は市内に住んでいる人で、年齢は問いません。自動車の所有者は子どもで親が運転するケースもあり、高齢者だけに限られる事故でないこともあるからです。
 補助率は、装置と取り付け費の合計の1/2で限度額は16,000円です。実施期間は、今年の11月から再来年の3月までのおよそ1年半で、総額5千万円の予算が計上され、それがなくなった時点で終了となります。期限を区切ることによって動機付けをするためとしており、本当に必要な方に行き届くよう、周知徹底したいと説明しています。
 なお、すでにこの装置が付いている自動車も多く、新車にはすべて付いているそうです。

ゴーヤ.JPG
 種が落ちて、自然に出てきたゴーヤに実が付きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント