ノーベル化学賞に旭化成名誉フェローの吉野彰さん

 今年のノーベル化学賞に旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71歳)が選ばれました。米国の大学教授2名と3氏での共同受賞で、日本人では27人目だそうです。リチウムイオン電池を開発したことが受賞に結びつきました。
 リチウムイオン電池は、1980年代に開発されていましたが、当初は需要がなく全く売れなかったそうです。それが携帯電話の普及、スマホへの進化があって、電池の小型化が求められて1995年から爆発的に売れ始め、そして、今や電気自動車にはなくてはならないものになっています。
 私の子どもの頃、ノーベル賞といえば湯川秀樹博士しかいなかったのですが、今では、すべての日本人受賞者を挙げることなど、とてもできません。それだけ、日本が世界に貢献し、認められる国になっているということです。

吉野彰.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント