職員厚生会館のこども園への改修、過剰設備にならないよう!

 先日の教育福祉常任委員会では、中央こども園が今の職員厚生会館をリノベーション(大規模改修)してつくられるのですが、各階の具体的な配置案が示されました。
 1階から3階が中央こども園で、1階には病児・病後児の保育施設も入ります。4階は、移転してくるファミリーサポートセンターの事務室と職員研修室、5階は、子育て支援センター「愛らんど」と一時預かり保育室、とされています。
 各部屋の配置は、これまでと大きく変わり、多くの壁を取り壊し、新たに壁を作る工事が行われることになります。また、既設のエレベータや階段があるのですが、それとは別に新たに2つの階段が作られる案となっています。これに対し、人の動線の工夫や過剰な設備にすることへの懸念、耐用年数は30年で、無駄な投資にならないような配慮などについての質問が出されました。
それに対しては、同じ建物だが独立したものとして運用していきたいと言いつつ、折角つくるので良いものをつくりたいという考え方もあるが、あと30年使えることを考えて予算をスリム化したいとの答弁が示されました。
 今回は既設の建物を有効活用する目的でリノベーションとなりました。厳しい財政事情を考えてのことです。利用しやすい施設でなくてはなりませんが、改修工事は最小限に抑え、経費の節減を図ることも忘れてはなりません。

     スイセン.JPG
     庭のスイセンが咲き始めました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント