「弱視」発見へ3歳児検診が重要!

 市内の眼科医師から子どもの目の病気対策について話を伺ってきました。一般的にいう近視はメガネをかければ済むので病気ではないそうです。子どもでも白内障や緑内障があるそうですが、弱視は小さなうちに治療をすれば、およそ直る、だから3歳での検診が重要という話でした。  「弱視」は何らかの理由で視る力が育っていない病気で、100人に2人くらいの…
コメント:0

続きを読むread more