三笠ビル地区で市街地再開発準備組合を設立

  先日、三笠ビル地区で市街地再開発事業の事業化に向けた検討を進めている「再開発協議会」が「市街地再開発準備組合」に改組されました。「準備組合」は、法人格を持たない任意の団体という面ではこれまでの「協議会」と変わりませんが、都市再開発法に基づく「再開発組合」に準じた組織として設立され、これまで以上に市街地再開発事業の事業化に向けた検討が深められていくことになります。
  今後、引き続き市街地再開発の事業計画を検討し、権利者の合意形成を図りつつ、都市計画決定を目指すことになり、市では、準備組合による再開発事業の実現に向けて、積極的な支援を行っていきます。三笠ビル地区市街地再開発準備組合は、39名からなり、地区内の権利者は48名となっています。再開発の対象区域は、三笠ビル商店街の立地する道路に囲まれた約0.9ヘクタールです。 
  三笠ビルができたのは、昭和34年ですから、もう60年を経ています。完成当時は全国的にも珍しく、多くの人が視察に訪れたそうです。どのような再開発ビルができるのか、楽しみです。
E4B889E7ACA0E38393E383AB.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント