「リフレックス」のリサイクル工場を見学

 会派の有志6名で、産業廃棄物の運搬や処理などを行っている株式会社「リフレックス」のリサイクル工場を見学してきました。市内でも、よく同社の収集車を見かけることがあります。
 まず、事務所で工場の説明を受け、紙製の防塵服とヘルメット、マスクを着用して工場内を見学しました。最初に収集・運搬車両から廃棄物が降ろされ、手作業でおよその分別がなされます。その後、ベルトコンベアーで運ばれて、さらに手作業で細かな分別が行われ、最終的に、金属類、砕石などに再利用される重量物、紙類、ガラス類などに分けられます。リサイクル率は約80%という説明でした。

リフレックス1.jpg
 ちょうど私たちが行ったときには、ビニール袋に入っているが、ほとんど一般の家庭ごみと思われるような廃棄物の分別作業をしていました。市のごみ処理工場で処分できるものばかりであり、いかにも無駄に思えてなりませんでした。
 一般廃棄物と産業廃棄物とに区分して処理する法体系になっているため、このような光景が見られるとのことです。遺品整理などかもしれないと思われますが、考えさせられてしまいました。なお、リフレックス社でも、遺品整理や生前整理を扱っており、専用ホームページも開設されています。
 見学をしていて、忙しく働いている社員の誰もが礼儀正しく挨拶をしてくれ、そのモチベーションの高さ、社員教育がよく行き届いていることを感じました。

リフレックス2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント