中学校の学校選択制、今年4月の入学まで

 本市では、2005年度から中学校の学校選択制を実施してきました。例えば、鶴久保小学校の卒業生は、不入斗中学校だけではなく、坂本中、常葉中の3校のいずれかを選ぶことができるという制度です。今年4月の入学では、市内全体で 3,259人のうち339人が他学区の中学校を希望しています。
 もちろん、メリットがあるとして始まった制度ですが、当初から学校ごとに生徒数が偏ってしまうことがある、などの問題はありました。議会の中でも話題となり、10年を経過したことや、小中一貫教育への方向性などから見直しをすることになり、2015年度から3年間、様々な検討が行われました。
 その結果、学校選択制は、児童・保護者の学校や教育への興味、関心や意欲を高めること、教職員の意識改革、学校の活性化などに一定の成果があったものの、学校の規模の偏り、小中一貫教育ブロックとの整合性、通学区域の広範囲化などの課題もあったことから、2021年度の中学校入学生から中止することが決定されています。

柚津.JPG
 昨日、柚子の木の剪定をしました。正確には、子どもに登って切ってもらい、私は剪定枝の片付け、ごみ出しをしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント