本市で20代男性が39度発熱・肺炎でコロナ感染

 市内で7例目のコロナウイルス感染が確認されました。20代の男性会社員で、3月23日に悪寒症状、27日に39度台の発熱で医療機関にて受診、30日に胸部レントゲン撮影の結果、肺炎所見があり、帰国者・接触者相談センターに連絡してPCR検査を実施、 本日、陽性が判明しました。渡航歴はなく、26日まで出勤、27日から自宅療養中で、自家用…
コメント:0

続きを読むread more

市民病院の看護師感染に伴う51名の検査は、全員が陰性

 元ドリフターズの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染して亡くなられました。まだ70歳でした。感染が報道されてから、まだ1週間と経ちません。「8時だよ、全員集合」を楽しませてもらった一人としても、心からご冥福をお祈りしたいと思います。これによって、きっと多くの方がコロナウイルスへの危機意識を高めてくれることになるだろうと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

市内で新たな感染者が発生。感染防止に皆さんのご協力を!

 夜になって、市内で5人目、6人目の新型コロナウイルス感染者が確認されました。衣笠病院でリハビリを担当している職員と、その同居しているご家族の2名です。  衣笠病院の職員は、30代の男性で理学療法士。27日から咳と38度の発熱があり、翌日に衣笠病院から帰国者・接触者相談センターに連絡があってPCR検査を実施、本日陽性が判明しました。渡…
コメント:0

続きを読むread more

不要不急の外出、自粛されました

 「この週末は、不要不急の外出を控えて下さい」との呼びかけが首都圏の各都県で行われたのですが、休日に賑わう繁華街がどこも閑散としていたそうです。若者たちが知らずして感染を広めている可能性が大きいということも踏まえての措置でしたが、どれだけの協力が得られるかと思いきや、非常事態宣言が出されているかのようでした。日本人の勤勉さ、真面目さ、国…
コメント:0

続きを読むread more

市民病院の感染病棟に勤務している看護師が感染

 市内で4人目の新型コロナウイルス感染者が確認されました。市民病院の感染病棟に勤務している女性の看護師です。渡航歴はなく、3月24日に発熱し、その後は自宅待機、27日にCT検査で肺炎の所見があり、市民病院から帰国者・接触者相談センターに連絡してPCR検査を実施して本日、陽性と分かりました。  自家用車での通勤で、23日までは勤務してお…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ経済対策、生活困窮者に限定すべき

 過去最大102兆円の新年度予算が成立し、次はコロナ対策の補正予算の策定に入るということです。コロナ感染で経済が落ち込んでいることへの対応策です。  現金給付の案が示されていますが、過去の例からもバラマキ的な給付は有効な経済対策にはなり得ていません。ましてや、コロナの収束がなければ、給付をしてもそれが使われることはありません。逆にコロ…
コメント:0

続きを読むread more

ルートミュージアムの地域拠点を整備へ

 市内に点在する歴史遺産をミュージアムと位置づける「ルートミュージアム構想」の拠点として「ガイダンスセンター」がヴェルニー公園に整備されます。3月から建設工事が始まり、来年2月にオープンの予定とされています。  新年度には、このルートミュージアムの地域拠点となる市内に点在する多くの観光ポイントが整備されます。  千代ヶ崎砲台跡の整備…
コメント:0

続きを読むread more

今週末は、不要不急の外出自粛を!

 昨日、東京都で新型コロナウイルスの感染者が1日で41名にもなったことから、都知事が「オーバーシュート・感染爆発が懸念される重要な局面であり、今週末は外出を控えてほしい」などと呼びかけました。今晩、東京都に接する4県の知事との間で緊急のテレビ会議が開かれ、今週末の不要不急の外出の自粛、若年層に慎重な行動を求めていくことなどが決まりました…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックが来年に延期されました

 東京オリンピックが来年に延期されました。新型コロナウイルスの感染が世界中に広まり、ヨーロッパやアメリカを中心に全世界で40万人が感染、多くの国で入国制限や緊急事態宣言が行われています。そうした事態を受け、日本からの要請により決定されたものです。  本市でも、新年度予算には、イスラエル柔道チームの事前キャンプ受け入れ、聖火リレーのルー…
コメント:0

続きを読むread more

望洋台から見える「富士山」

 午前中は自宅でのデスクワークだったので、運動不足になるため、朝、望洋台・汐見台を30分ほど歩いてきました。よく晴れていたのですが、風が強く、寒くてポケットに手を入れて歩くようでした。  家からは高低差があるのでちょうどいい運動になります。私の子どもの頃は、まだ木々におおわれた山で、夏は毎日セミやカブトムシを取りに行った場所ですが、い…
コメント:0

続きを読むread more

福祉の総合相談窓口を開設へ

 新年度予算では、福祉関係で目を引く事業、新規の事業が多くあります。まず、昨年から本市では初めて知的障害者・精神障害者の雇用が始まったのですが、新年度は3名増やして6名となります。正規職員ではありませんが、一般就労に結びつけるためのものであり、これがきっかけとなって市内全体で障害者雇用の増につながることが期待されます。  また、福祉関…
コメント:0

続きを読むread more

うみかぜ公園へ「Deckie(デッキー)」の実証実験を見に行きました

 連休で次男の家族が来たのですが、うみかぜ公園で「Deckie(デッキー)」というウッドデッキを用いた共用スペースを設置し、様々なレクリエーションを展開する実証実験が2週間前から行われているというので、行ってみました。  公園の芝生広場は、暖かなこともあって、テントを張ったりして多くの人たちがバーベキューを楽しんでいました。し…
コメント:0

続きを読むread more

特別養護老人ホーム、1年で半数近く入れ替わり

 お彼岸で、午前中はお墓参りに行き、午後は関わっている社会福祉法人の評議員会に出席しました。  会議の中で、特別養護老人ホームの1年間の退所者がおよそ入居者の半数近くいるという説明に驚いたのですが、聞いてみると、数年前に要介護3以上でないと入居できないことに変わって以降、入居者は要介護4の方が80%くらいで、在宅で難しくなってから施設…
コメント:0

続きを読むread more

濃厚接触者110名を検査し、2名の感染を確認

 市内における新型コロナウイルス感染で濃厚接触者の検査が行われていましたが、3人目の患者が確認されました。90歳代の女性で、最初の方が勤務していた介護施設の入所者です。軽症で入院の調整中とのことです。  なお、濃厚接触者の検査は全体で110名について行われましたが、そのうち2名が感染していました。これ以上の感染拡大がないよう、市全体で…
コメント:0

続きを読むread more

地域での支え合いの基盤づくりへ

 昨年から、専属の担当者を配置して、地域住民の抱える様々な困り事の相談を受け解決に向けた支援をして、地域での支え合いの基盤づくりを促進する、というモデル事業が田浦行政センターで行われていますが、新年度には浦賀行政センターにも設置する考え方です。  また、小学校を地域コミュニティの拠点とし、 子どもから高齢者まで様々な世代の交流を促進、…
コメント:0

続きを読むread more

不入斗陸上競技場と大津公園運動場を平日のみ無料で開放

 現在、市の体育館など屋内施設は休止となっていますが、屋外の施設は通常どおり利用されています。しかし、臨時休校や市民の外出が減っていることから、運動不足・ストレス解消のため、不入斗の陸上競技場と大津公園運動場が無料で開放されることになりました。今日から4月3日までの平日のみで、時間は午後1時から4時までです。  公園で子どもた…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス関連で2億円余の補正予算を可決

 午前中は議会運営委員会、午後から本会議が開かれ、一般会計1,578億円、総額で3,177億円の新年度予算が可決されました。その後に、審査中に説明のあったコロナ対策に関わる補正予算が急きょ追加提出され、保育園などでの感染拡大防止や休校に伴う学童クラブへの支援など2億円余が増額補正されました。  また、本市でも中小・零細企業をはじめとし…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ関連対策の第2弾を議会各会派でまとめ、市に要望

 予算決算常任委員会の理事会、全体会が開かれ、新年度予算の審査報告と採決が行われました。共産党など一部の反対はありましたが、いずれも賛成多数で可決され、改めて明日の本会議で採決が行われます。  また、今日は、コロナ関連の対策について、議会では各会派で市に対する第2弾の要望をまとめ、各団長が副市長・教育長・関係部長に対して質問形式で議会…
コメント:0

続きを読むread more

市内で新型コロナウィルスの感染症患者が発生

 昨日、市内で新型コロナウィルスの感染症患者が発生しました。2月末にエジプトのナイル川クルーズに参加した70代の女性で、芦名の介護施設で看護師をされている方です。  3月8日から咳症状・倦怠感が出て続いたため、13日に病院で受診、病院から帰国者・接触者相談センターに連絡があり、翌日にPCR検査を実施、15日に陽性が判明。現在入院してい…
コメント:0

続きを読むread more

地域の活性化へコミュニティ交付金を増額

 上地市長は、議員時代から「地域主権主義」を唱え、地域に重点をおいた街づくりを標榜していますが、新年度には、その考え方がにじみ出た予算案が示されています。  住民による支え合い活動への支援策として、新たにグループを立ち上げるときに15万円、活動の継続に5万円が新設されます。また、町内会・自治会へのコミュニティ交付金の算出方法が見直され…
コメント:0

続きを読むread more

常磐線が9年ぶりに全線開通!

 今日、常磐線が9年ぶりに全線開通しました。3.11の後、原発事故のあった区間が不通になっていたのですが、これで、東京からいわき方面~仙台まで直通の特急「ひたち」が走るようになります。  亡くなった父が日立市の生まれで、小さな頃、よく連れていってもらったのですが、その頃はまだディーゼルの列車が走っていました。当時は家から半日かかったの…
コメント:0

続きを読むread more

市の奨学金制度を抜本改正。予算も倍以上に拡充

 今回、市が高校生を対象に行っている奨学金制度が大きく見直されますが、議会の審査でも多くの質疑が行われました。  これまでは、月額1万円が所得の低い世帯から順に200名まで支給され、授業料相当額(9,900円)が支給の根拠とされていました。しかし、公立高校では年収910万円程度の世帯まで無償、私立高校では今年4月から年収590万円未満…
コメント:0

続きを読むread more

市施設の休止は3月末まで延長。中小企業むけ独自の緊急経済対策

 教育福祉常任委員会、都市整備常任委員会が開かれ、引き続き予算の審査、請願・陳情の審査などが行われました。一般報告では、国の「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-」に基づく具体的な事業内容が、厚生労働省から昨日示され、その内容が報告されました。  放課後児童クラブなどの体制強化、子ども・子育て支援事業、保育所・児童福祉…
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災から9年・・・

 3.11。東日本大震災から9年が経ちました。毎年行われたきた政府主催の追悼式はコロナウィルス対策で中止となり、各地域で追悼行事が開催されました。今も避難者が4万人以上、仮設住宅に住んでいる人が700人もいるそうです。  今日は全市一斉に中学校の卒業式が行われましたが、卒業生と教職員のみで行われたため、議会は予備日として教育福祉常任委…
コメント:0

続きを読むread more

デザインマンホールの設置費73万円。通常の工事費だそうです

 生活環境常任委員会が開かれ、消防局と上下水道局の部局別審査、その後に予算案以外の議案、一般報告について全体での審査が行われました。  予算審査では、消防局でのドローンの活用、浦賀奉行所開設300周年の記念デザインマンホール設置などの質疑が行われました。デザインマンホールは73万円が計上されているのですが、これで1か所だそうです。老朽…
コメント:0

続きを読むread more

卒業式の記念写真など校長会で検討。ネパールからマスク3万枚を調達

 今日開かれた教育福祉常任委員会では、教育委員会についての審査が行われ、前回と同様、最初にコロナウィルスに関連した質疑を委員長が代表して行いました。主な点は、次のとおりです。  ◎子どもたちの居場所として13:30~15:30 の間、一律に学校開放をしているが、特に問題は出ていない。◎子どもの預け先がない場合は午前中に学校施設の開放を…
コメント:0

続きを読むread more

イチゴ狩りは閑散。大半は廃棄処分に・・・

 朝から冷たい雨が降っていますが、コロナ騒ぎでもイチゴ狩りをするというので様子を見に行ってきました。  予想していたとおり、津久井浜農園は閑散としていました。ほとんどのハウスは誰も入っていません。ハウスに入って、いざイチゴ狩りとなったのですが、広いハウス内でまばらに人がいるくらいで、しかも30分という時間制限であり、現実的にはスーパー…
コメント:0

続きを読むread more

学校の図書室など、状況に応じて開放します

 昨日、市長から市民向けのメッセージが発せられましたが、昨日現在で市内では新型コロナウィルスの感染者は発生していません。また、先日、議会から市長に申し入れたのですが、その回答がありました。  子どもたちの居場所については、小学校の校庭が13:30から15:30の間、遊び場として開放している。子どもを預ける場所がなく困っている実態があれ…
コメント:0

続きを読むread more

地域生活相談事業やスクールコミュニティ事業など、多くの質疑

 今日開かれた生活環境常任委員会では、市長室、市民部、資源循環部についての審査が行われました。質疑では、広報よこすかの配布へのポスティングの導入、特殊詐欺防止機能付き電話機の購入への補助金支出、国土強靭化計画の策定、コミュニティ活動交付金の増額、男女共同参画推進事業や性的マイノリティ関係事業のあり方、高齢世帯へのごみ個別収集の状況など、…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウィルス、本市の検査体制は1日30~40件

 教育福祉常任委員会が開かれ、健康部と福祉部に関する審査が行われました。今日の審査では、新型コロナウィルスへの対策に関わる質問について、委員長が最初に代表して行うという形式で行われました。各議員の質問は最終日に所管事項で行うことになります。主な質疑は、次のとおりです。  感染症対策本部が設置されているが、もし、市内でクラスターが発生し…
コメント:0

続きを読むread more

不測の事態に備え、議会日程を18日までに繰り上げ

 臨時の議会運営委員会が開かれ、26日までの議会日程を18日までに繰り上げることが決まりました。新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、市では市施設の休止、小・中・高校の休校への様々な対応など多くの対策をとっており、議会でも傍聴の自粛をお願いしています。  県内における感染の広がりもあり、議会での予算審査が中断するなど不測の事態に…
コメント:0

続きを読むread more

小学校1~3年生の居場所づくりなど、議会から市長に要望

 議会では、昨日、新型コロナウィルスへの対策について、各会派による協議を行い、①小学校1~3年生の居場所として学校で受け入れる必要性、②学童クラブへの人員面の支援、学童クラブ室内での感染リスクから学校の体育館・校庭の開放、③特別支援学級の子どもは養護学校と同様に学校として対応すること、④正確な情報発信、市民に分かりやすい情報提供、につい…
コメント:0

続きを読むread more

ウィルス対策で、多くの市施設が当面15日まで休止・休館に

 新型コロナウイルスへの対応で確定申告の期間が延長されましたが、市県民税の申告も4月16日までに延長されました。  そして、3月13日までの間に予定されていた各健康福祉センターでの乳幼児検診やBCG予防接種が延期になり、多くの市施設で明日または4日から3月15日まで休止や休館となりました。ただし、状況によっては休止期間が延長されます。…
コメント:0

続きを読むread more

会計年度任用職員への移行で、年20万円の処遇改善

 先週は、3日間にわたって各会派による代表質問が行われました。初日には、同じ会派の伊関議員が代表質問に立ち、全体で128項目にわたる質問を行ったのですが、そのうち、いくつかについて挙げてみます。  今年4月から会計年度任用職員制度に移行するが、それによって非常勤職員は、一般事務フルタイムで月額1万5千円、年収で20万円の処遇改善がなさ…
コメント:0

続きを読むread more