地域の活性化へコミュニティ交付金を増額

 上地市長は、議員時代から「地域主権主義」を唱え、地域に重点をおいた街づくりを標榜していますが、新年度には、その考え方がにじみ出た予算案が示されています。  住民による支え合い活動への支援策として、新たにグループを立ち上げるときに15万円、活動の継続に5万円が新設されます。また、町内会・自治会へのコミュニティ交付金の算出方法が見直され…
コメント:0

続きを読むread more