抗体検査の結果、100人に1人が抗体を保有

 本市で行った抗体検査の結果が発表されました。2千名の市民を対象に今月3日から15日まで行われたのですが、964名が検査を受け、そのうち抗体を持つ人は10名でした。保有率は、1.04%で、男女別、地域別、年代別に無作為抽出した結果ですので、およそ100人に1人が抗体を持っている。つまり、およそ4千人の市民が抗体を持っていることになります。
 保有者10名の属性は、男性が7名、女性が3名で、年齢は20代から80代までおよそ平均しており、就業は5名、そのうち市内勤務が3名となっています。市内での感染者の累計は68名ですから、感染しても、自覚症状の出ない人が圧倒的に多いということです。感染経路が不明というケースがかなり多いのですが、それを物語っているのかもしれません。
 また、本日、上地市長からメッセージが出されました。米軍人に対する空港でのPCR検査の結果判明前の待機場所として市内の民間宿泊施設が使用され、その事が国から本市に対して何ら情報提供がなかったことについて、昨日、防衛大臣、外務副大臣、厚生労働大臣政務官に直接会って要請し、米軍に対する水際対策の徹底、本市との情報共有の強化・徹底について回答を得た旨の報告がなされました。

オニユリ.JPG
 オニユリ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント