「ジャブジャブ池」、本来目的の機能は活かせず・・・

 先日、町内会の役員会で宇東川公園にある「ジャブジャブ池」をめぐって、議論がありました。もう、30年近く前、バブルの頃に造られた人口池で、水をポンプで循環するせせらぎがあり、小さな子どもが水遊びのできる浅い池があって、周りは樹木で、夏は涼しそうです。相当な予算が掛かったことと思われます。
 しかし、できた当初から、秋になって落ち葉がたまると汚くなる。割れたガラスが投げ込まれて危ない、などの問題が起こり、想定された使われ方がされた時期は短く、最近は夏の暑い時期だけ水が張られ、盆踊りのときには危ないので水を抜く、他は空池となっていました。今年は3密防止のコロナ対策から水も張られていません。

公園1.jpg
 そして、1年前に総額2500万円をかけて立派なトイレができたのですが、頑丈な材料なので高価とされていたものの、それが幾度も壊され、最近はスケートボードで遊ぶ子どもたちがトイレの壁を壊してしまうという問題が起きていました。そこで、他で不要になったフェンスがその防止用に取り付けられました。

公園2.jpg
 取り敢えず、これで収まることだろうとは思いますが、池が本来の目的に沿った機能を果たしていないのであれば、この際、池そのものを撤去するという選択肢もあるでしょうし、或いは、子どもたちからは「スケボー、どこでやればいいの?」と言われてもおり、思いきって池をスケボー場にしてしまうという考え方もあるかもしれません。
 いずれにしても、まずは、公園を使う地域でよく話し合って、今後の方策を考え、市に提案していくことが望ましいと思えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント