「他県への移動自粛」要請の発言に思う

 昨日、久しぶりに市内での新たなコロナウイルス感染者が確認されました。6月1日以来です。東京都で、この3日間連続して100人を超える感染者が出ており、心配していましたが、やはり、本市だけ例外とはなりませんでした。
 ところで、小池都知事は「不要不急の他県への移動は遠慮して」と呼びかけています。緊急事態宣言の直前にも全国各地で「今は、来ないで」と多くの首長が発言していました。分からなくはありませんが、その結果、他県人を排除する空気が広まり、無用な「事件」も各地で起こりました。
 しかし、東京には、近県から300万人もの人が通勤・通学をしています。テレワークで少しは減っていると思われますが、毎日、満員電車で通い、濃厚接触のリスクは「外出」より高いかもしれません。
 それを考えるとき、他県云々で排他的な世情を作り出してしまうよりも、普通に「不要不急の外出自粛」を呼びかけるだけに留めた方が良いと思えます。それでも十分に効果はあると思いますが、いかがでしょうか。

インパチェンス.JPG
 越冬したインパチェンス。一度すべて枯れましたが、新しい芽が出て花を咲かせました。下は、昨年12月末の写真です。

インパチェンス 12.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント