宅配の不在配送解消へ、本市でAI活用の実証実験

 最近はネット販売が急速に拡大し、宅配便の利用が増加している一方、宅配便の再配送は CO2排出量のさらなる増加やドライバー不足を深刻化させるなど、大きな社会問題の一つとなっています。個人向け配送での「不在配送」は全宅配件数のおよそ2割で、走行距離の25%は再配送に費やされているとの試算もあります。こうしたことから、不在率の減少が課題とな…
コメント:0

続きを読むread more