インフルエンザ予防接種が65歳以上は無料に

 今日は、決算審査の予備日だったのですが、急きょ、本会議と総務常任委員会、教育福祉常任委員会が開かれ、65歳以上のインフルエンザ予防接種を無料化するなど3億円余を増額する補正予算が可決されました。
 高齢者インフルエンザの予防接種は、これまで原則2千円の自己負担がありましたが、新型コロナウイルス感染症と症状が似ているため、その混在を防ぎ、市民の不安を軽減するとともに医療機関の診療負担を減らすためのもので、65歳以上の他、60歳以上で心臓等に重度の障害がある人も対象となります。接種率70%で約9万人への接種が見込まれています。実施は10月1日からで、2億8千万円余が計上されました。
 また、感染者が入院や入所する場合、ペットの預け先がない場合に市の動物愛護センターで緊急預かりができるようになります。そのための改修工事に198万円が計上されました。預かり料は無料です。
そして、保育所では感染症対策で職員の負担が増していますが、それを軽減し、新たな業務に対応するため保育支援員が配置されます。そのために6千万円余が計上されました。
 これらの財源は、国庫支出金1億円余、県支出金約2億円、市の「コロナ基金」の取り崩し3千万円余となっています。
 なお、採決では、小林議員が「ペットを飼うことは趣向の問題で、ましてや無料でもあり、それに公費を充てるべきでない」として反対しました。理由は分からなくもありませんが、それを以て補正予算全体に反対するまでは・・・

アサガオ.JPG
 涼しくなりましたが、アサガオが元気に頑張って咲いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント