コロナ禍の議会、県内では半数でオンライン化を検討へ

 神奈川県地方自治研究センターでは、コロナ禍において県下の各自治体議会がどのように運営されているかの実態調査を行い、その結果が発表されました。県下の34自治体すべてから回答を得たものです。  主な結果は次のとおりで、議会関係は6月議会についての結果のみ載せました。〇およそ3割の議会で議会日程の短縮などが行われ、コロナ対策の補正予算を議…
コメント:0

続きを読むread more