コロナ感染症の検査体制充実へ「横須賀モデル」

 新型コロナウイルス感染の第3波で感染者が増え続けており、本市においても同様で、感染者用の78病症のうち半数が埋まる状況となっています。今月末には、共済病院内に第2PCRセンターの開設が予定されていますが、本日、市民が安心して検査を受けられる「横須賀モデル」の構築が発表されました。  現在は救急医療センターにあるPCRセンターで平日の…
コメント:0

続きを読むread more