人間の生命は無限で、その続いている途中が現世

 お寺での法華経の勉強会で「永遠の思想」というくだりを学びました。「人間の生命は、現世で始まり終わるものではない。生命は、無始の昔から無終の後まで続くものである」と釈尊の教えにあるのです。その続いている途中が現世であり、永い生命の一部分であるのだから、その生涯を無駄に過ごしてはならない、というのです。  そのような気もします。体が死ん…
コメント:0

続きを読むread more