新年度予算案、一般会計は 1,595億円。感染症対策に35億円

 新年度予算案が提示されました。一般会計は、1,595億円で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための検査体制継続やワクチン接種などに35億円が計上され、前年度に比較して1.1%の増となっています。
 市税収入が546億円で43億円の減、地方消費税交付金が6億円の減など、自主財源が著しく落ち込んでおり、それを内部管理コストの徹底的な見直しで財源を捻出したと説明されています。前年度で芸術劇場の巨大な借金返済が終わり、新しいごみ処理施設の建設も終わったのですが、新たに中学校給食の実施で7億円が増えています。
 歳入では、地方交付税が29億円減の107億円、国庫支出金は32億円増の290億円にもなっています。繰入金は、今年度末での財政調整基金の残高が70億円にまで減ったこともあり、51億円で9億円減っています。市債は、242億円で57億円。このうち臨時財政対策債が122億円と著しく増えています。
 歳出では、人件費が8億円減っている他、費目別では感染症対策などで民生費が14億円、衛生費が30億円の増となり、その一方で土木費は7億円、消防費が5億円の減となっています。
 税収の落ち込みが激しく、厳しい財政状況の中で、感染症対策の費用が膨らんでおり、困難を極めた予算編成が窺われます。今後、代表質問を経て詳細な審査が行われることになります。

椿その2.JPG
 もう一種類の椿の花。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント