ソレイユの丘に来場者が1,000万人。2年後へリニューアル

 長井海の手公園・ソレイユの丘で来場者が1,000万人を超えました。2005年春にオープンして16年ですから、平均して毎年60万人を超える人が訪れていたことになります。実績で見ると、10年目くらいまでは減少傾向だったのですが、この5、6年は増え続け、前年度は74万人が来園しています。運営が現在の指定管理者になってから、4年前にオートキャンプ場が開設され、観覧車もつくられており、そのような努力の結果であるといえるかもしれません。

ソレイユの丘1.png
 なお、ソレイユの丘の隣接地を購入することから、それを含めたリニューアル工事とその後19年間の運営をセットで事業者の公募が行われたのですが、今月初めに選考結果が発表されました。(株)日比谷花壇を中心に京急や市内の事業者が加わった事業体で、新設のカフェ&レストラン、地域交流プラザ、一年を通した四季折々の花修景、自然体験型の大型アスレチック、崖地を活用した絶景ボードウォークなどが提案されています。
 今後、3月に基本協定を締結、来年にかけて工事が行われ、2年後の4月にリニューアル・オープンの予定です。

ソレイユの丘2.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

やまもと
2021年02月24日 07:33
ソレイユといえば、横須賀~北九州を結ぶフェリーの2隻目の名称が「それいゆ」。1隻目が「はまゆう」なので、2隻とも横須賀にゆかりの深い名称です。
フェリー会社の横須賀市に対する期待の大きさが伺えます。
一方、横須賀市は情けないくらいこの話題は静かです。今年のビッグプロジェクトです。広報1月号にでも計画を伝える記事がのるのかと思っていました。