うわまち病院で、換気設備の改善、感染対策教育の見直しへ

 うわまち病院では、病院の医師や看護師を含めたクラスターが発生し、診療体制が縮小されていますが、2月3日に県のコロナ・クラスターアタックチーム(C-CAT)の支援を受けました。  C-CATからは、今回のクラスター発生原因の一つとして、本館病棟で昨年9月以降に換気設備の改修が行われているものの、なお換気量の少ないことが挙げられ、職員の…
コメント:0

続きを読むread more