障害者ワークステーションが3年目に。障害者の正規雇用へ検討を開始

 一昨日の総務常任委員会で「障害者ワークステーション」を今後、どのように発展させていくのかという質問に対し、「令和4年度に任用するべく検討していく」との答弁がありました。同ステーションは新年度で3年目を向かえるのですが、そこで得られた障害者を雇用するにあたっての課題をもとに勤務時間や給与面などについても検討していくということです。正規職員として任用する考え方です。
 私が初当選以来、幾度も質問してきたのですが、例えば知的障害者の給料表を別につくることは困難との理由でなかなか前進しませんでした。予算案では、ワークステーションのスタッフも1年目と2年目で報酬にかなりの違いがあり、仕事への習熟度によって異なる賃金を支払う考え方となっています。それと同様の考え方で障害者の給与を決めることができるはずです。
 これまで長らく実現できなかったことが、上地市長の「まずは、雇用することだ」の一言で、ここまで進んだことは、喜ばしい限りです。1年後、どのような検討結果が出されるのか、楽しみです。

デージー2.JPG
 1月に買ったデージー。最初は1輪だったのですが、こんなに沢山咲いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント