横須賀の戦後復興に貢献、デッカー司令官の回顧展

 先日、新聞に「デッカー米海軍司令官の戦後復興・回顧展」の記事が載っていたので、汐入の市民活動サポートセンターに行ってきました。商工会議所と「横須賀学の会」の主催によるものです。
 デッカー元司令官の名前だけは聞いたことがありましたが、正直のところ、どのような貢献をされたのか知りませんでした。司令官の胸像が市役所前公園に創られ、その後、中央公園に移設され、今回、新たな「平和中央公園」の海を見渡す広場に移されています。

デッカー司令官1.jpg
 戦後の荒廃した横須賀を復興させるには、キリスト教を取り入れることが必要だと考え、現在のヨゼフ病院、衣笠病院の創立を働きかけ、また、私の小学生の頃は田浦にあった栄光学園、清泉女学院、当初は青山学院であった現在の横須賀学院、関東学院などの建設にも尽力されたそうです。
 司令官の蒔いた種が大きく育ち、市の発展に大きく寄与しているのです。そのような司令官のいたことを知っておくべきと思います。回顧展は11日までです。是非、サポートセンターまでお出かけ下さい。

デッカー司令官2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント