市博物館で「砲台山から中央公園、そして平和中央公園へ」の企画展示

 今年の春に本市で開かれる予定だった「全国みどりの愛護のつどい」が秋に延期されましたが、これを機に中央公園がリニューアルされたこともあり、自然・人文博物館では「中央公園物語 ― 砲台山から中央公園、そして平和中央公園へ ―」の企画展示が行われています。というので、今日、出かけてみましたが、思ったよりも多くの入館者が見受けられました。

中央公園1.jpg
 私の子どもの頃は「砲台山」と呼んでいて、東京湾を守る要塞跡で荒れ地になっていました。文化会館の場所には市立病院があったのですが、火災で焼失し、その後に文化会館が建設され、そして、中央公園が整備されています。そのような歴史が写真とともに展示されていて、私の物心つく前の話であり、懐かしいというよりは、歴史の勉強をしてきたような感じでした。
 関東大震災当時のがれきの山となった下町地域の被災状況の写真は初めて見たのですが、あれほどとは知りませんでした。企画展は6月27日まで開かれています。企画展は6月27日まで開かれています。

中央公園2.jpg
 平和中央公園にも上ってみましたが、ここも遊びや散歩に訪れている方がそこそこにいました。行きがけに「今行ってきた帰り」という友人に会ったのですが、市長が来られていたそうです。そういえば、今日は1日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント