フェリー就航で、港運事業者との協議に国が仲介へ

 先日の都市整備常任委員会では、みなと振興部から本市と北九州とを結ぶフェリー就航に関わる住民や港運事業者との対応について、3月定例議会以降の経過が報告されました。
 まず、新港埠頭近隣の住民からの陳情が了承され、その後の対応について外部委託による調査を行った報告がありました。交通渋滞については、フェリーの乗下船車両の多い時間帯においても、朝夕の渋滞ピーク時を超えることはない。騒音などの環境問題については、大型車の車路走行時の徐行などによって県の基準をクリアできる。などで、これらについては、3月に設置された周辺町内会等との協議会で説明されています。
 港運事業者からは、フェリー会社と本市に説明会の開催が求められ、市ではそれに応じて4月以降3回の説明会を開いています。
 また、港湾計画の変更なしに埠頭の一部をフェリーターミナル用地に変更したことの違法性などを問う住民監査請求が出されましたが、いずれの項目も却下または棄却となっています。その他に、訴訟が起こされ、現在、係争中となっています。
 市では、これまでの進め方に瑕疵はないとの考え方ですが、就航を目前にして、港運事業者との協議は平行線をたどっていることから、国が仲介に乗り出し、6月に入ってから国が入った3者での協議が開かれています。
 フェリーは、7月1日から週6便で就航する予定となっています。

サフィニア.JPG
 サフィニア。どうも、強い直射日光には弱いみたいで、日照りのときは日陰においています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまもと
2021年06月11日 08:21
国が仲介?
これって裁判中の案件ですよね。国交省が何を仲介するのでしょうか?
司法への行政介入があるとは思えないし。
ただ様子を見にきたくらいじゃないでしょうか?
やまもと
2021年06月11日 08:47
記事をよく読むと、副市長が出席しているんですね。微笑を禁じ得ないw
そのうち市長まで・・・・
つのい基
2021年06月12日 18:58
市と港運事業者との話し合いが平行線なので、間に入って話を進めるということであると思います。