ワクチンの接種率向上へ接種済証を用いたサービス実施へ

 今日は、3名の議員が一般質問を行い、その後、ワクチンの接種率向上と市内経済の早期回復を目的とした補正予算について総務常任委員会を開いて先行審査をし、賛成多数で可決されました。ワクチン接種済証を用いたサービスを商店街が行うことへの事務経費の補助で、2,500万円が計上されました。

ワクチンキャンペーン.png
 昨日の一般質問で、同じ会派の堀議員は、広報・情報発信の強化に向けた職員全体のマインド・スキルの向上、昨年の児童生徒の自殺者が過去最多であったことを踏まえての子ども・若者からのSOSを受け取る仕組みづくり、昨年開設された福祉の総合相談窓口に加え、LINEアカウントでの相談受付などさらなる充実策について質問しました。
 市長からは「おっしゃる通り。求めるところは同じ」と笑顔で答える場面が多く見られました。ただ、学校における子どもの援助希求能力を高める取り組みの重要性について、教育長との議論が今一つかみ合わなかった点は残念でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまもと
2021年06月04日 15:12
横須賀市のワクチン接種率って公開されていませんよね。そろそろ80歳以上の方の接種率は出てきてもいいころだと思います。数字の公表がなければ、次の対策もうてません。
埼玉県の戸田市はホームページはもちろん、市役所ロビーでもディスプレイを使い随時公表しています。横須賀市も習って欲しい。
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/154/vaccine-meter.html
角井 基
2021年06月05日 10:12
あってもいいとは思いますが、個人的には、あまりその必要性を感じていません。