感動と勇気を与えてくれたパラリンピック

 今日でパラリンピックが終わります。国内での放送も少なかったのかもしれませんが、今まで、これほどまでにパラリンピックの競技を見たことはありませんでした。
 およそ上半身のみで泳いで、あれほどに早く泳げるものなのかと驚嘆し、車椅子ラグビーや車椅子バスケットは、颯爽としたスピード感に圧倒されました。見ていて「カッコいい」と思いました。ボッチャは初めて見ましたが、本当に神業のような技には驚きましたし、あそこまでいくには、相当な練習を重ねているのだろうと思いました。
 ハンディを持っても、自分にできることをやろうという強い精神力、そして、実行力。今さらですが、「やればできる」ということを教えてもらったように思います。私のみならず、パラリンピックを見て、車椅子でも、手足が不自由でも、スポーツをやろうという人が増えてくるのではないでしょうか。
 それは、本人の喜びのみならず、社会全体の活性化にもつながり、やがては生産力の増にもつながっていくことだろうと思います。何よりも、多くの国民に感動と勇気を与えてくれたことは、間違いありません。

ポンカン.JPG
 ポンカンが大きくなってきました。今年は4つしか生っていません。背が高くなってきたので、上をつめ、横に広げようと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント