ティボディエ邸の隣接地に、本格的なレストランが開業へ

 今日、開かれた総務常任委員会では、ヴェルニー公園にオープンした近代遺産ミュージアム・ティボディエ邸の隣接地に飲食・物販店を誘致するため、公募型プロポーザルが実施されたのですが、その結果が報告されました。自己資金により整備運営する方式で、延べ床面積は200㎡程度、設置許可期間は10年間の予定とされていました。
 市内外から5事業者が応募したのですが、選考委員会での審査を経て、鎌倉市でイタリアンレストラン・アマルフィなどを経営している株式会社ビィバリューに決まりました。

ティボディエ邸 レストラン.jpg
 県内有数の観光エリアでの豊富な実績、公園の新たな賑わいが期待されるコンセプト、公園の景観やティボディエ邸と調和した施設設計などが評価され、本市の旬の食材を生かした本格的地中海料理をメインに約100席を想定、ランチ・ディナーからパーティやウェディングまで利用可能なデザインが提案されています。
 今後、事業者との詳細な協議調整を行って協定を締結、来年秋には、本格的なレストランが開業する予定です。予想していたよりも大きな建物で、レストランそのものへの集客も期待できそうです。

ティボディエ邸 レストラン2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント