反問権。本会議は市長など、委員会は全出席理事者に

 来週から始まる9月定例議会に向けて事前の議会運営委員会が開かれました。一般質問は前半に9名、前年度決算を審査する後半に10名が行う予定で、いずれも予備日を使用して2日間となりました。これは過去最高の人数で、それだけ議会が活性化していることの表れであると思います。
 午後からは、議会制度検討会議が開かれました。市長等の反問権について協議をしたのですが、行使できるのは、本会議では市長や教育長のみ、常任委員会では課長以上の出席理事者全員となり、反問権の対象はすべての議事で、内容や回数については制限なしとなりました。これで12月定例議会から試行が実施される予定です。
 また、新たな検討課題が各会派や各部局から出され、これについても急ぐものから優先順位をつけて審査を始めることが決まりました。

会議1.jpg
 今日も、会議の合間をぬって、夕方まで団会議。もちろん、パソコンのみのペーパーレス。

"反問権。本会議は市長など、委員会は全出席理事者に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント