補正予算は全体で6億円余の減額。市税の収入減などで

 9月定例議会には、コロナ感染症の拡大防止や新しい生活様式への対応などの新たな予算もありますが、補正予算全体としては、6億円余の減額となっています。
 具体的には、市民の収入減や消費の減少から市税収入が約5億円の減、国からの地方消費税交付金が約7億円の減、普通交付税が2億円の減で、臨時財政対策債の借り入れが5億円余の減と見込まれています。
 一方で、中小企業への家賃補助が見込みの半分で済んだことから「コロナ対策基金」への繰入金を7億円余減額、新たに減収補てん債を約4億円発行、また、大規模イベントの中止で、これらの予算がすべて減額されています。
 次年度以降も税収の大幅な減少が予想され、来年度予算の編成方針もそれを踏まえた厳しいものとなっています。
 なお、外部団体であるシティサポートの決算が報告されたのですが、ポートマーケット閉店による赤字の改善や市役所北口駐車場での市への無料提供見直しにより一般財団法人に移行して以来初めてですが、約4千万円の黒字となりました。

ポンカン.JPG
 ポンカン。毎年、木が大きくなってきていますが、今年は7つ実を付けました。

"補正予算は全体で6億円余の減額。市税の収入減などで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント