東証一部上場の株式会社ブイ・テクノロジーがYRPに進出

 東証一部上場の株式会社ブイ・テクノロジーがYRPに進出することは、8月に載せたとおりですが、市に新規立地の事業計画書が提出され、内容を精査した結果、1億円余の企業等立地奨励金が交付されることになりました。来年度から5か年で分割支出される予定です。  約5,000㎡の建物が建設され、新たに従業員の採用もされて、操業開始は来年8月の予定…
コメント:0

続きを読むread more

地元のお店応援券・第2弾、好評で抽選になりました

「地元のお店応援券・第2弾」の実施状況が報告されました。抽選で当たらなかったという話をよく聞いていましたが、販売予定数20万冊(前回は17万冊)に対して25万冊余の申し込みがあり、1.3倍で抽選となったそうです。WEBでの申し込みが67%、葉書での申し込みが33%でした。  利用できる店は、2,064店舗で、飲食店が25%、飲食料品…
コメント:0

続きを読むread more

大矢部弾庫の取得に向け、活用検討の調査を開始へ

 大矢部2丁目の衣笠インターから佐原へと続く県道の北側、森崎団地に連なる小高い山の下部に旧・大矢部弾庫があり、戦後は自衛隊の弾薬庫として使用されてきました。しかし、2003年に当時の関東自動車の敷地を自衛隊が取得すると同時に大矢部弾庫や長瀬の自衛隊病院などを集約移転することに、市と自衛隊が基本合意し、その後、弾庫は比与宇地区に移転、跡地…
コメント:0

続きを読むread more

「地域交通政策」で議員研修会。子どもへの5万円給付は 12/16に

 午前中は、予算決算常任委員会の全体会、午後は地域交通政策について、今年度2回目となる議員研修会が開かれました。講師は、旧運輸省、国土交通省で要職を歴任され、現在、愛知大学の地域政策研究センターで研究員をされている岐阜県可児市出身の可児紀夫さんでした。議会では、「公共交通の在り方検討協議会」が設置されたばかりであり、それに併せたものです…
コメント:0

続きを読むread more

「産業まつり」は廃止へ。議会では残念がる意見が・・・

 事業の見直しの中で、毎年11月に行われ、多くの人で賑わう「産業まつり」の廃止が報告されました。産業まつりは、26年前に始まり、土日の2日間で約4万人が来場します。  市の説明では、市内の産業を広く市内外にPRし、新たなビジネスチャンスをつくる目的だが、出展しても効果は上がらず、昨今はホームページやSNSなどで各企業がPRを工夫する時…
コメント:0

続きを読むread more

猿島の乗船・入園料引き上げへ。大人2,000円、市民は半額に

 猿島の入園料を500円に引き上げる条例改正案が提出されています。トイレ整備の高額さが問題となりましたが、猿島公園の来園者が年間20万人を超えるなど年々増加し、維持管理費も増えており、これらの費用を入園料で賄うためと説明されています。  これまでは、小学生・中学生は100円、15歳以上は200円でした。改定案では、市内の居住者は、小・…
コメント:0

続きを読むread more

「横須賀市子どもの権利を守る条例」、法令審査を終了

 子どもの権利検討協議会が開かれ、条文の法令審査を受けた結果について担当課に出席を求めての協議を行いました。  主に、常用漢字の使用や単語の列記、文章の整理などで、条文の趣旨を損ねることのないように、専門家が修正したものです。まるで、国語の授業を受けているかのようでした。これまでの協議でも、文章表現や修飾語、接続詞の使い方など国語の問…
コメント:0

続きを読むread more

下水道使用料、2年後に8.8%値上げの方向

市では、現在、事業の全面的な見直しを進めています。高齢化に伴う社会保障費の増大や人口減少による地方交付税の減収などによって、将来的に財政の悪化が予想され、その中で市民サービスを維持・向上させていくためです。  今現在で、66件、経費の節減4年間で21億円余が見込まれており、開会中の議会で各部局からその概要が報告されています。今後、3月…
コメント:0

続きを読むread more

後援会の事務局長が、あまりに突然の逝去・・・

 さる12月1日、私の初当選のときから、ずっと後援会の事務局長をお願いしてきた方が亡くなられ、今日は、その葬儀がありました。その日は、普通にお昼を食べ、奥さんと一緒に普通に話をしていて、突然、「息ができない」と言って倒れ、そのままということでした。大動脈瘤破裂だったそうです。おそらくは、ご本人も何も分からずに亡くなったことと思いますが、…
コメント:0

続きを読むread more

市民病院の措定管理者を指定する議案で多くの意見が・・・

 一昨日の教育福祉常任委員会では、市民病院とうわまち病院の措定管理者を引き続き地域医療振興協会に来年4月以降10年間にわたって委ねる議案について、多くの質疑がありました。  当初から、「同じ措定管理者とした方が、メリットがある」という判断に基づいて行われてきたものです。しかし、しばらく前、市民病院での小児科の入院ができなくなり、大きな…
コメント:0

続きを読むread more

「アーティスト村」で窯焚きを見学

 昨日に引き続き、教育福祉常任委員会が開かれました。今回、審査された主なものは、感染症対策として、第6波に備えた保健所の体制強化や学校での対策の他、5千万円余の寄附を元にした動物愛護基金の創設、市立病院や病児・病後児センター、生涯学習センターなどの指定管理者の指定、美術館の市長部局への移管、などについてでした。  なかでも、多くの市施…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン3回目接種に42億円を計上。一般の実施は2月から

 今日は、教育福祉常任委員会が開かれ、3回目のワクチン接種をめぐって多くの質疑が交わされました。3回目の接種は、12月から医療従事者、1月から施設の入居者、2月以降に一般市民の接種が始まり、概ね8か月以上経過した人から順次実施の予定とされています。  ところで、3回目接種には42億円が見込まれていますが、1~2回目接種での経費は34億…
コメント:0

続きを読むread more

子どもへの5万円給付、2割は申請手続きで1月給付に

 昨日は、国の経済対策として18歳以下の子どもに5万円を給付するための補正予算の審査が先行して行われました。世帯主の年収が960万円以下の世帯の子どもが対象で、本市では32,200世帯、54,200人が対象になります。補正額は30億円で、もちろん全額が国費、そのうち給付額は27億円。他は、業務の委託料やコールセンターの設置などの事務費で…
コメント:0

続きを読むread more

小中学校で1人1台のタブレット、使いこなすまでは・・・

 一般質問の二日目、同じ会派の竹岡議員が質問に立ち、学校運営協議会の設置、GIGAスクール構想のさらなる推進について質問しました。  学校運営協議会は、これまでの学校評議員がその意見を参考にして学校運営を行うものであったのに対し、地域の皆さんと一緒になって学校の運営をしていこうという、いわば学校の応援団ということです。来年4月には全校…
コメント:0

続きを読むread more

ご当地結婚式、記念撮影はインスタ映えする場所で

 今日から12月14日までの日程で12月定例議会が始まり、6名の議員が市長等に対する一般質問を行いました。  同じ会派の工藤議員は、個人が所有している歴史資料の収集・保存と活用、婚姻届けを提出する際の市の対応、久里浜の旧ごみ処理工場の暫定的なドローンフィールドとしての活用などについて質問しました。  所謂「ご当地結婚式」について、婚…
コメント:0

続きを読むread more

今年度末の国債残高が、1,000兆円の大台に・・・

 岸田政権による今後のコロナ対応など経済対策のための補正予算が閣議決定されました。総額35兆円余で、補正予算としては過去最大です。しかし、財源の多くは国債に頼るため、今年度末の国債残高は1,000兆円の大台に乗ると大々的に報じられました。  明日から始まる本市の12月定例議会には30億円もの補正予算が提出されますが、全額が国庫支出金で…
コメント:0

続きを読むread more

「おみやげアイデアコンテスト2021」の授賞者が発表されました

 市では、観光協会や商工会議所などと連携し、横須賀の新たなブランドイメージに繋がる、定番となるお土産を作るべく「おみやげアイデアコンテスト2021」を開催しました。応募期間に集まった市内外からの200件を超える応募の中から、受賞者が決まりました。今後、受賞者および一観光協会が、製品化、販売を進めていきます。 受賞者は、おみや…
コメント:0

続きを読むread more

議会での「ノーネクタイ」について議論へ

 来週から12月定例議会が始まりますが、詳細な日程を決めるための議会運営委員会が開かれました。今回は、18歳以下の子どもに5万円を給付するための議案が先行して審査されるのですが、それと同時に市職員と市長など特別職の期末手当を人事院勧告に基づき0.15か月分減額する条例改正も審査されます。議員についても同様とすることが議会運営委員会で決ま…
コメント:0

続きを読むread more

小中学校の暴力行為やいじめ、コロナ禍で減少の傾向

 前年度の市内における小中学校の児童生徒の問題行動について状況調査の結果が教育委員会から発表されました。  暴力行為については、小学校では198件で、前年の半数に減少しました。児童に個別指導を行うとともに心理や福祉の専門家が入ったことで減少しました。中学校でも64件で2/3に減少しています。コロナ対策で登校日が減少したことや、ソーシャ…
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい衣笠商店街の写真、小学生の研究発表も

 衣笠仲通り商店街で谷内六郎画と昔の衣笠の写真展が開かれているというので、見に行ってきました。十字路に近いコロッケ店の隣で、入口が狭く一度通り越してしまいましたが、中が広くなっています。  実際は、衣笠小学校の児童の夏休みの研究発表という印象です。子どもたちが衣笠地域の昔の写真を見て、今もあるお店に行って話を聞かせてもらい、そ…
コメント:0

続きを読むread more