減収補てん債を8億円増、ふるさと納税の寄付見込みを2千万円減額へ

 今日は総務常任委員会と生活環境常任委員会が開かれました。今回の補正予算全体では、コロナ対策基金から財政調整基金に10億円を繰り戻すことから、規模では8億円余の増となっており、そのうちコロナ関連事業全体の補正額は約2億円の減となっています。なお、国からのコロナ関連の臨時交付金は、今回も含めて総額41億円となり、国の3次補正を加える51億…
コメント:0

続きを読むread more

障害者基幹相談支援センター、市直営での設置へ

 今日は都市整備常任委員会と教育福祉常任委員会が開かれ、およそ年度末の補正予算についての審査が行われました。福祉部の審査では、障害者基幹相談支援センターを市直営で行うことに方針転換することが示され、多くの議員から質問が出されました。  当初は今年度にセンターを設置する予定で、プロポーザル方式による公募をしたのですが、応募する事業者がな…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種、個別接種を主体に、横須賀アリーナとさいか屋で

 3月定例議会が始まりました。市長から新年度予算に関わる施政方針が述べられ、来月24日までの日程で、予算案を中心とした審査が行われます。  また、今日は本市におけるワクチン接種について、「横須賀モデル」が発表されました。「一刻も早く、一人でも多く」をメインテーマに安心してワクチン接種のできる体制をつくるとしています。個別接種を主体に、…
コメント:0

続きを読むread more

昨晩、福島県沖でマグニチュード7.3、最大震度6強の地震

 昨日の午後11時過ぎ、そろそろ就寝という時間にテレビの緊急地震速報が鳴りました。「お父さん、地震!」と妻に言われ、画面を見ると、福島県沖で地震が発生と表示されており、ほどなくして、家がカタカタ揺れ出しました。この辺りは震度3くらいだったでしょうか。でも、少し時間が長く、いつもより揺れが大きかったので、一瞬身構えるほどでした。携帯の緊急…
コメント:1

続きを読むread more

「男尊女卑」の慣習、自分自身を振り返ってみて・・・

 明治時代、いやもっと昔からあった日本の「男尊女卑」の慣習が世界から問われています。東京オリンピック組織委員会の会長である森・元首相の「女性の多い会議は時間がかかる」旨の発言が女性蔑視として国内はもとより世界中から批判され、結局辞任することになりました。  私の子どもの頃は、学校でも男の子が圧倒的に威張っていました。しかし、私の子ども…
コメント:0

続きを読むread more

中学校給食の整備・開始に25億円、フェリー就航に6億円

 新年度予算案には、感染症対策として、ワクチン接種の26億円をはじめとして、PCR検査検査等の公費負担・患者の移送に4億円余、検査体制の確保に2億円余、帰国者・接触者相談センターの運営に7千万円余、子育て関連施設の感染防止に1億円余、市立学校の感染防止に約9千万円などで35億円が計上されています。また、市内経済を下支えするため、新年度予…
コメント:0

続きを読むread more

一転、学校の校庭を午後5時まで開放へ

 一昨日、近くに公園のない学童クラブが学校校庭の使用を求めたが認められない件が「コロナ対策協議会」で問題になったことを書きましたが、昨日の夕方、「12日から校庭を児童等に開放する」とのお知らせがきました。平日の午後5時まで開放するということです。  学校開放事業は、文化スポーツ観光部の所管ということで同部からのお知らせですが、今朝の新…
コメント:0

続きを読むread more

新年度予算案、一般会計は 1,595億円。感染症対策に35億円

 新年度予算案が提示されました。一般会計は、1,595億円で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための検査体制継続やワクチン接種などに35億円が計上され、前年度に比較して1.1%の増となっています。  市税収入が546億円で43億円の減、地方消費税交付金が6億円の減など、自主財源が著しく落ち込んでおり、それを内部管理コストの徹底的な見…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍での学童クラブの校庭使用をめぐり、市側の論理に厳しい意見

 午前中は、先週に続いて「コロナ対策協議会」を自宅から傍聴、午後は夕方までオンラインでの団会議で、代表質問の打ち合わせをしました。コロナ対策協議会では、多くの課題について担当部局との間で協議が行われましたが、その中で、学童クラブの学校校庭の利用について大きな問題となりました。  学童クラブが校庭の使用を求めたのですが、学校開放は中止し…
コメント:0

続きを読むread more

緊急食料支援で、再度の寄附を募集中!

 本市で年末に実施し、好評だった緊急食料支援は、厳しい経済状況から通年で行われることになりましたが、最近は、子育て中の家庭から支援の希望が増え、現在、再度の働きかけが行われています。  ご家庭で、手つかずのままの食料品があれば、無理のない範囲で寄附にご協力をお願いいたします。連絡先は、046-822-8176、福祉部地域福祉課です。 …
コメント:0

続きを読むread more

飲食店一律の時間制限は・・・

 緊急事態宣言が延長されて、飲食や観光など多くの事業者から嘆きの声が出ています。先日、高速道路のサービスエリアでも午後8時までしか食事ができず、長距離トラックの運転手が困っていると報道されていました。普通のサラリーマンでも残業で夜8時を過ぎれば、コンビニで買うしかありません。  飲食店一律に午後8時までの営業と制限されているのですが、…
コメント:0

続きを読むread more

うわまち病院で、換気設備の改善、感染対策教育の見直しへ

 うわまち病院では、病院の医師や看護師を含めたクラスターが発生し、診療体制が縮小されていますが、2月3日に県のコロナ・クラスターアタックチーム(C-CAT)の支援を受けました。  C-CATからは、今回のクラスター発生原因の一つとして、本館病棟で昨年9月以降に換気設備の改修が行われているものの、なお換気量の少ないことが挙げられ、職員の…
コメント:0

続きを読むread more

感染症対策を担っている自治体病院

 午前中は、予算決算常任委員会の理事会、続いて団会議。午後は、会派として城西大学の伊関教授から「新型コロナウイルスの蔓延と地域医療」とのテーマで約2時間にわたる講演と質疑応答をオンラインで行いました。  日本における感染拡大の経過に始まり、東京や大阪など各地域や神奈川県の実情、受け入れ病院での窮状、さらには国の動向などについても教授の…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で様々な場所での難しさが・・・

 昨晩は、第6回目のオンライン未来会議を開きました。「コロナ禍で困っていること」というテーマであり、喫緊の課題と思って設定したのですが、参加者は9名で、当初見込んでいた飲食店関係者の参加は残念ながらありませんでした。初めて参加された方も多かったのですが、学生の参加も目だちました。  最初に市や議会でのコロナ対応について簡潔に10分程度…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言が、さらに1か月間延長されました

 2月7日までの緊急事態宣言が、さらに1か月間延長されました。ここ数日は、本市も含め全国的に感染拡大が落ち着いてきている印象はあるのですが、病床の逼迫など目安となる数値が依然として高いためとされています。実際、今の状態で宣言解除というのは無理だろうと感じます。  菅首相は「すべては私に責任がある」と言い、政府の対応の遅れを指摘する声も…
コメント:0

続きを読むread more

オンラインでの「コロナ対策協議会」をネット中継。遜色なし

 午前中はオンラインでの「コロナ対策協議会」を自宅から傍聴、午後はオンラインでの会派の団会議で、主に代表質問の打ち合わせを行いました。もう、最終段階です。  議会内でのオンライン会議は多くの委員会で行われていますが、ネット公開での会議は初めてです。中継が途切れてしまうことが2度ありましたが(自宅側の通信環境の問題か?)、通常の会議とほ…
コメント:0

続きを読むread more

病児・病後児保育センターの利用、スマホで簡単申し込みに!

 横須賀市では、病気の子どもを一時的に預かる「病児・病後児保育センター」がうわまち病院の敷地内にあり、年間で約400名が利用しています。利用料は1日2,000円(市外居住者は5,000円)で、かかりつけ医等の連絡票が必要です。看護師が常駐しており、必要に応じて保育士が入り、病院内なので、いつでも医師の対応が可能です。  しかし…
コメント:0

続きを読むread more

今年は、新年会や賀詞交歓会が皆無。夜の集まりはゼロ

 緊急事態宣言が発令され、国民には外出自粛、飲食店は午後8時以降の閉店要請が出されているにもかかわらず、自民党と公明党の幹部国会議員が、深夜まで銀座の高級クラブを飲み歩いていたことが発覚し、菅首相が陳謝したのですが、実に信じられないことです。  横須賀市議会では、昨年末に感染者が発生し、市内の感染が広まったことから、緊急事態宣言の前か…
コメント:0

続きを読むread more

2050年 二酸化炭素排出量ゼロへ 「ゼロカーボンシティ」を宣言

昨日、上地市長が「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。  地球規模で進んでいる地球温暖化に対し、「産業革命前と比較して平均気温の上昇を2度未満とする」とのパリ協定の目標達成に向け、世界主要国で「2050年に二酸化炭素排出量を実質ゼロにする」ことを目ざしています。国でも、昨年10月に菅首相が「2050年、温室効果ガス排出量の実質ゼロ」を…
コメント:0

続きを読むread more

「コロナ禍で困っていること」をテーマにオンライン未来会議

 第6回目となる「オンライン未来会議」を2月3日の午後8時から開きます。緊急事態宣言が出されて2週間を過ぎたのですが、感染拡大が続き、飲食店や観光をはじめ大きな影響を受けている事業者も多く、収入が減っている方も多いことと思います。  そこで、今回は「コロナ禍で困っていること」をテーマに行うことになりました。市の政策に反映できるよう…
コメント:0

続きを読むread more