緊急事態宣言、5月31日まで延期

 緊急事態宣言が5月31日まで全国で延長されました。新たな感染者数は減少傾向にあるとはいえ、入院患者の数は増えており、この状況ではやむを得ないと思いますし、大半の人はそのように受け止めていたのではないでしょうか。県内の学校でも、すでに休校が実質10日まで延長され、本市でも、市施設の休館・休止が6月末まで延長されています。  日本の感染…
コメント:0

続きを読むread more

マリノス練習場整備など総額52億円の大型工事を市内発注へ

 市が発注する工事は、なるべく市内の事業者を優先するようにしてきていますが、新型コロナウィルスによる市内経済への影響緩和のため、これまで以上に工事や物品調達の市内発注が拡大されます。  とりわけ、久里浜での横浜マリノスの練習拠点整備を中心とした大型工事が市内限定で発注されます。総額52億円で、多くの市内事業者に分割して発注するとされ…
コメント:0

続きを読むread more

「コロナ基金」の受付開始。アルバイト減収の大学生に1,000食を支援

 新型コロナウイルス対策の経費に充てるための基金が設置され、寄附の受付が始まりました。寄附をするには、①寄附申込書を提出して市から送られる納付書で送金、②寄附申込書と寄附金を現金書留で郵送、 ③市役所玄関に置かれた募金箱に入金、の方法があります。  なお、クレジット決済やコンビニ払いなどについても準備中です。詳細は、   https…
コメント:0

続きを読むread more

20%以上収入減で中小企業に家賃補助40万円。市長ら期末手当ゼロに

 昨日の臨時議会では、社会福祉協議会が行っている1世帯10万円(最大20万円)の緊急小口資金の貸し付けが著しく増えていることへの人員配置の増、収入減で住宅を失う恐れのある方への3か月分の家賃補助(最大9か月)、商店街・街路灯の電気料金補助を全額補助に拡大、などの補正予算がいずれも全会一致で可決されました。  なお、市独自の施策として中…
コメント:0

続きを読むread more

総額450億円の補正予算。10万円給付の通知は5月中旬から

 臨時議会が開かれました。新型コロナウイルス感染症への対策に関わる補正予算が提出されたことによるものです。この中には、今日の国会で成立する見通しの1人10万円を給付する特例定額給付金に関わる予算も含まれており、国会での成立を待たずに市議会にその予算案が提出されることは、おそらく過去になかったと思われます。  生活に困窮している世帯に一…
コメント:0

続きを読むread more

本市での小中学校の再開は、5月11日以降に

 小中学校は臨時休校となっていますが、5月7日、8日は児童生徒の登校を求めない準備期間とし、休校が継続する場合の児童生徒への学習課題の作成、段階的な再開などに向けた必要な準備を行うことになりました。  なお、5月11日以降に学校を再開する場合、当初の数日間は午前中とする見込みで、給食は5月25日以降の開始を目途に検討するとされています…
コメント:0

続きを読むread more

市内の企業から医療防護服など寄贈。オンライン診療も開始

 医療機関で防護服などが不足していることが報道されていますが、それは本市でも同じ状況にあり、入手できずに困っています。  そのような中で、市内の企業2社から防護服などの寄贈がありました。日産自動車(株)から防護服約100着、防塵マスク ・フェイスシールドなど、安浦町の(株)小宮工業から防護服48着、化学防護手袋などです。これらは、PC…
コメント:0

続きを読むread more

「オンライン帰省」なかなか良いです。 汐入に「コースカ」が食品のみ開業

「オンライン帰省」を昨日、やってみました。横浜・東京に、長男・次男の家族が住んでいるのですが、連休中も我が家に来れないので、安倍首相の提唱どおりにやってみたのです。  スマホではなく、パソコンで「Zoom」というアプリを使ってやったのですが、3家族の家の様子が同じ画面に映って、代わる代わる話ができて、4歳と1歳になったばかりの孫がほと…
コメント:0

続きを読むread more

防災行政無線で「外出自粛」の働きかけも

 「こちらは防災よこすかです。新型コロナウイルスの感染が増えています。外出は控えて下さい」と防災行政無線による放送が行われています。日常的には大雨警報などの情報がほとんどであることから、このような働きかけは、いつもとは違うという意識を持ってもらえ、たいへん効果があると思います。  午前中、車を洗ってワックスかけをしたのですが、道を歩く…
コメント:0

続きを読むread more

季節は春。でも、自宅でじっと我慢!

 空は青く、山は新緑で美しい季節でありながら、どこへも出かけることができず、家でじっとしているしかありません。テレビでは連日ウイルス感染に類する報道がされ、関連する番組ばかりであるかのようです。学校はすべて休校。外出は自粛。デパートも、公園や図書館も、映画館も、遊園地や動物園も、美術館もすべて閉まっています。それどころか会社への出勤も自…
コメント:0

続きを読むread more

本市のコロナ感染者36名で、今現在は全国の平均値

 本日から「PCRセンター」での検査が始まりました。概ね、1時間に6件の検査ができるということです。1日で36件ですが、直近1週間における検査実績は平均25件ということです。  また、検査した結果が陽性であった人の割合は、全国平均が12%、東京都は56%で、本市は5%ということです。今のところは低い割合といえます。人口10万人あたりの…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策で30日に臨時議会。「PCRセンター」が明日から開設

 新型コロナウイルス感染に関わる経済対策などの補正予算について審査をする臨時会を招集するため、議会運営委員会が開かれました。来週30日に開会予定で、当日は3つの常任委員会で審査が行われます。  会議では、コロナ対策に関わる協議会や特別委員会を設置する提案が出され、来週の会議までに各会派で検討することになりました。会議室には議員席の間に…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言の期間中は、三浦半島へ来ないで下さい!

 上地市長は、今日、横須賀市と三浦市を代表してのメッセージを発しました。緊急事態宣言の期間中は、徹底して外出を控え、三浦半島への来訪は、是が非でも、 お止めいただきたいとのお願いです。  先週末は天気が良かったこともあり、県外から多くの方が三浦半島に車で訪れ、海岸付近の道路がたいへん混雑しました。公営の大きな駐車場が閉鎖されており、路…
コメント:0

続きを読むread more

コロナで収入減の場合、市税・健康保険料・水道料金などが支払い猶予に

 新型コロナウイルス感染の影響で収入が減少し、市税や健康保険料、水道料金などを期限内に納めることが困難となった方には、その支払いが猶予されます。  対象となるのは、①新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、備品や棚卸資産を廃棄した場合、②本人またはご家族が病気にかかった場合、③事業を廃止し、またはや…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの質問にAIが24時間対応

 横須賀市では、新型コロナウイルスに関する問い合わせに、スマホやパソコンで自動に対応する機能(AIチャットボット)が導入されました。24時間いつでも問い合わせに答えてくれます。  株式会社ALBERT(アルベルト)社が提供するサービスで、今回の新型コロナ対応として無償提供され、同社の協業企業である株式会社 G-Place(ジープレイ…
コメント:0

続きを読むread more

市内での感染者が36名に。家族での感染が3名か

 市内における新たな感染者が、一昨日は1名だったのですが、昨日は3名となりました。累計で36名となり、3名が退院し、6名が自宅療養をしていますが、他の人は入院、または宿泊施設に入所しています。  感染者の概要は、〇30代女性、軽症(37度台の発熱など)で自宅療養の予定、〇70代男性、軽症(37度台の発熱など)で入院の調整中、〇60代女…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ緊急経済対策で、全国民に一律10万円の給付へ

 国は、コロナ関連で収入が減った人を救済するために1世帯30万円の給付を決めたのですが、国会への補正予算提出の直前になって、全国民に一律10万円の給付へと変更しました。条件が厳しく分かりにくいのは事実ですが、それよりも、給付される対象者の少ないことが主たる理由です。  これにより本来の目的は変わってしまいました。例えば、年金生活者は全…
コメント:0

続きを読むread more

市内に、新型コロナウイルスのPCR外来(集合検査場)を開設へ

 新型コロナウイルスの感染患者が増えていることから、横須賀市医師会・三浦半島病院会・横須賀市により、県内で初めて、PCR外来(集合検査場)が開設されます。県の協力のもとに行われ、病院が中等症以上の患者の治療に専念することが可能になるとともに、医療機関の院内感染リスクを下げ、本市において医療崩壊を招かないように努めるものです。  場所…
コメント:0

続きを読むread more

市民病院看護師と田浦郵便局職員が感染。社協での生活資金貸し付けが増

 市内で、新たに2名の感染者が確認されました。①市民病院で感染症病棟勤務である看護師の30代男性で軽症(倦怠感)、②田浦郵便局勤務の40代男性で軽症(咽頭痛)。2名とも感染経路は不明で自宅療養中です。なお、市民病院では、院内感染対策が適切に行われているため、外来・入院・救急については、引き続き行われています。  コロナ対策に関連する行…
コメント:0

続きを読むread more

一般ごみの持ち込みは休止。新たに2名の感染者

 緊急事態宣言を受け、市のごみ処理施設「エコミル」と「アイクル」への一般ごみの持ち込みが明日から5月6日まで休止となります。毎日の収集や集団資源回収は、これまで通りです。  このところ、マスクなどの市への寄付が続いており、これまでに大口で3万枚、5事業者・団体から計37,600枚の寄付を受けています。これらは、医療関係機関、福祉施設、…
コメント:0

続きを読むread more