消費税10%になると本市での地方消費税交付金は約20億円の増に

 会派勉強会での話。10月から消費税が10%に引き上げられます。ところで、現在、私たちが8%の消費税を支払っているのですが、そのうち1.7%は県税としての地方消費税で、そして、概ねその半分が県下の市町村に対して人口などの割合で按分され、「地方消費税交付金」として交付されています。
 それが、本市では前年度の決算で68億円と見込まれています。消費税が10%になると、地方消費税の税率は1.7%から2.2%となり、およそ20億円の増が見込まれるということです。本市にとっては、たいへんな収入増です。

自治研.jpg
 夜、ヴェルクよこすかで横須賀地方自治研究センターの総会が開かれ、その記念講演として市立病院担当課の椿課長から「市立病院将来構想とうわまち病院の移転建替え」とのテーマで話をしていただきました。予定した時間をオーバーするほどに熱の入った、たいへん分かりやすい話で好評でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント