きちんと保険料を支払ってこそ、年金がもらえる

 参議院選挙が公示されて、各党がいろいろな政策を掲げ、街頭で訴えています。「老後の資金が2千万円必要」という問題もさることながら、年金額の低い方たちへの給付増を主張している政党もあります。
 しかし、これは如何なものかと思わざるを得ません。若いときに保険料を支払っていなくて、或いはその額が少ない故に年金額が少ないのだとしたら、それはやむを得ないと思います。
 それに対して、増額給付をしたならば、真面目に保険料を支払ってきた人たちから不満が出てきます。それどころか、きちんと保険料を支払わなくても、後である程度は保障されるとなったならば、支払わなくなります。もしも、そうなったならば年金制度そのものが根底から崩れてしまいます。
 やはり、「きちんと保険料を支払わないと老後は年金が少なくなる。だから、定められた保険料を支払う」ということが当たり前でなくてはなりません。
 違うでしょうか。
ホタルブクロ.JPG
     今年は、ホタルブクロがたくさん咲いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント