台風15号、大規模停電など暴風で大きな被害

 昨日の台風15 号は、これまでにないような猛烈な風で、各地に大きな被害を残しましたが、市内では次のような被害がありました。  建物の全壊・半壊や床上浸水はありませんでしたが、半壊までには至らない屋根の破損等は多数ありました。また、停電は、昨日正午で 約17,100世帯でしたが、今日の夜には小矢部・公郷町などの4,100世帯で、今日中…
コメント:0

続きを読むread more

コンパクトな台風でしたが、いきなり凄い雨・風で、多くの被害が

 昨日の夜、気象庁は「台風が接近すると、世界が変わるような・・・」というこれまでにない表現をしていましたが、実際そのとおりで、11時くらいまでは静かだったのですが、深夜1時半にものすごい風と雨の音で目が覚めました。聞いたこともないような凄い音で気になって眠れませんでしたが、2時半くらいでしょうか。いきなり静かになって台風の目に入ったよう…
コメント:0

続きを読むread more

妻が2度もハチに刺され、低い場所に大きな巣が・・・

 家の庭先で、妻が2度もハチに刺されました。2度目は、何か所も刺されて、後になっても赤くなっていました。  刺された近くに背丈の低いカエデの木があり、その中に大きなハチの巣があって、沢山のハチが群がっていました。これでは、たいへんです。直接に触らなくて良かったのですが、それでもすごい数のハチです。  まず、害虫駆除用の殺虫ス…
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキ・アクセルの踏み間違え防止装置の取り付けに補助へ

 高齢者による交通事故が度々報道されていますが、その中で、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が多く、それによる交通事故を防止するため、ペダルを踏み間違えたときに加速を抑制する装置を取り付ける際に補助する制度の新設が提案され、昨日の生活環境常任委員会で審査されました。  ディーラーや量販店などで装置の金額は異なるのですが、安いもの…
コメント:0

続きを読むread more

ペットなど小動物の死体焼却をごみ処理工場で行う方針に質疑が集中

 生活環境常任委員会が開かれ、議案9件、陳情1件、報告8件についての審査が行われましたが、とりわけ、一般報告での「小動物死体処理事業の運用変更」について多くの議員から質疑が集中しました。  今、公郷にある焼却炉で行われている小動物の焼却を新しいごみ処理工場で行うことに変更するもので、ペット以外は市が収集して焼却、ペットは飼い主が民間事…
コメント:0

続きを読むread more

ヴェルクの貸室減少で、市民への説明会が開かれましたが・・・

 昨日、「貸出施設数の減少に関する説明会」が開かれました。何のことか分かるでしょうか。広報よこすかに掲載されていた見出しです。中央こども園を市役所裏の職員厚生会館を改修してつくることになり、同会館はヴェルクに移ることになりました。それによってヴェルクの貸し室が減少するのですが、それに関わる市民向けの説明会です。  利用の多い団体には1…
コメント:0

続きを読むread more

中央公園の平和モニュメントを撤去・新設 で多くの質疑

 今日開かれた都市整備常任委員会では、中央公園に設置されている平和モニュメントを撤去・新設するために1億6千万円余を増額する補正予算について、多くの議員から質問が出されました。  平和モニュメントは、本市が「核兵器廃絶・平和都市宣言」を行ったとき、平和思想の普及や意識の高揚を目的として27年前に創られたものです。しかしながら、これまで…
コメント:0

続きを読むread more

共産党の議員との丁々発止に苦言の質問が

 先日の本会議で共産党の大村議員が、上地市長に対し「以前の根岸議員の質問に対し、質問封じと受けとめられるような発言があり、心外であった」旨の質問をしました。それに対し、市長は「悪気があってではない。つい、根岸議員を守りたくなってしまって…。しかし、それで不快な思いをさせてしまったなら申し訳なかった。今後、改める」との答弁がありました。 …
コメント:0

続きを読むread more

教員多忙化の本質に関わる深刻な議論が・・・

 先週に引き続いて本会議が開かれ、3名の議員が一般質問を行いました。同じ会派の小林議員は、①教員の多忙化に対する教育委員会の対応、②市が行うがん検診のあり方の見直し、③「卓球のまち横須賀」のブランドづくり、④コミュニティセンターの不正予約への対策、について質問しました。  このうち、教員の多忙化について時間の大半を割いての質問となりま…
コメント:0

続きを読むread more

人一倍元気だった友人が亡くなりました

 私の友人、といっても11歳も先輩ですが、人一倍元気だった人が亡くなりました。元々は地域の青年会で「西和会」と称し、その副会長でした。最盛期は50名もいたそうです。今は10名ほどになってしまいましたが、もう25年のお付き合いで、町内の神輿や火の用心の夜回りも長らくやっていました。  大工で、昨年の今頃までずっと仕事をしていたのですが、…
コメント:0

続きを読むread more