都市緑地法に基づき、山林 35,000㎡を 5,823万円で買い入れ

 12月定例議会の都市整備常任委員会では、近郊緑地保全区域における特別緑地保全地区で山林 35,000㎡を5,823万円で買い入れる議案について審査され、共産党などの反対がありましたが、賛成多数で可決されました。  都市緑地法では、特別緑地保全地区内(本市では、武山と衣笠・大楠山の2地区)において、建築行為を行う場合には県知事の許可を…
コメント:0

続きを読むread more