ごみ処理費の損害賠償、東京電力から3年分で3億5千万円

 3.11での原発事故に伴い、本市では焼却ごみに放射性物質が含まれていたことから、処分先を変更せざるを得なくなりました。そして、そのために支出が大幅に増え、その差額分の損害賠償を求めていたのですが、東京電力から平成28~30年度分として3億5千万円余が支払われ、今回の補正予算に、歳入増が盛りこまれています。
 ところで、この賠償金には、当然のことですが、私たちが支払っている電気料金が充てられています。電気料金の明細をよく見ると、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」というものがあります。我が家では、1万3千円余の電気代のうち2千円がその賦課金でした。
調べてみると、太陽光・風力・水力などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものと説明されており、原発事故の翌年から国の法令に基づいて徴収されています。なるほど、上手い仕組みです。正直、このような賦課金のあることは知りませんでした。

ミニシクラメン.JPG
 ミニシクラメン。屋外用のもので、ずっと良く咲いてくれています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント