市の奨学金制度を抜本改正。予算も倍以上に拡充

 今回、市が高校生を対象に行っている奨学金制度が大きく見直されますが、議会の審査でも多くの質疑が行われました。
 これまでは、月額1万円が所得の低い世帯から順に200名まで支給され、授業料相当額(9,900円)が支給の根拠とされていました。しかし、公立高校では年収910万円程度の世帯まで無償、私立高校では今年4月から年収590万円未満の世帯まで無償となります。
 このように、支給の根拠が薄れ、また、募集枠が人数で定められているため年によって所得水準が変わってしまうことなどから、抜本的に見直しがなされました。家族4人のモデル世帯で年収350万円未満と捉え、国・県の制度を補完する仕組みとして再構築したという説明です。
 その概要は、①修学支援金、年額8万円を10月に一括支給し、教科書・学用品の購入に充て、県奨学給付金の対象世帯を除きます。②入学支援金、6万円を高校入学前の3月に支給するもので、制服・靴・鞄などの購入に充てるものです。ただし、いずれも生活保護世帯は保護費で支給されるため除きます。
 この支援制度に5,836万円が計上されており、前年よりも3千万円余の増となっています。

聖火リレー.JPG
 昨日、ギリシャのオリンピア市で東京オリンピックの聖火の点火式が行われました。前回は1万人の観客が集まっての式典だったそうですが、今回はコロナウィルス対策で関係者のみで行われ、聖火リレーの第2走者で野口みずきさんが走りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント