市役所の勤務体制、コロナ対策など業務の増で1/3を見直し

 緊急事態宣言が出され、神奈川県が「特定警戒都道府県」に指定されて、職場への出勤目標が7割削減とされたことから、市役所では出勤する職員数を原則として3分の1とする3班体制で業務が行われています。  その後、緊急事態宣言が5月31日まで延長されたのですが、国も含めたコロナ対策の施策が増えたことにより、市民や事業者への様々な支援を行うため…
コメント:0

続きを読むread more