日産自動車の名車が「新型カキノタネ」に

 あの、スカイラインやフェアレディZが「柿の種」になって、話題となっています。伊勢原市にある日産自動車のテクニカルセンターと同市の食品メーカーとのコラボで開発された、お菓子「新型カキノタネ」で、伊勢原市の新名物となっています。
 350ml缶の大きさのパッケージで、箱スカ(1969年)、初代フェアレディZ(1969年)、スカイラインGT-R(1989年)、フィガロ(1991年)、ジューク(2010年)などの形をした23種類の「柿の種」が入っています。煎餅の生地を抜く金型も日産自動車が製作ということです。1つ500円で、主に伊勢原市内で販売されています。

伊勢原市観光協会.png
 写真は、伊勢原市観光協会のホームページから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント