政策提言を発表。「オンライン未来会議」で意見交換

 昨日は、4回目となる来年度予算にむけた「よこすか未来会議」をオンラインで開きました。広い会場を設営してではなく、自宅に居ながらの集まりですから、議員側もTシャツでの参加もあり、いたって気軽な感じです。
 参加者は15名で、政策提言の内容は事前にメールで送ってあったため、主にはグループでのディスカッションになります。今回は、5班に分かれ、およそ議員が2人に参加者が3名という割り振りでした。私のグループでの特徴的な話題を挙げてみます。
 市役所には女性職員の増やクォーター制を導入して女性管理職の登用を増やすべきと求めつつ、議会では女性議員の割合が低いことが指摘されました。思いきって議会にもクォーター制を導入したらどうか、という意見も出されました。劇薬を使わなくては進まないとの趣旨です。制度化は難しいかもしれませんが、議会全体の目標として掲げることは、意見が一致すれば可能なことです。
 また、海に囲まれ、ウィンドサーフィンの国際大会も開いているが、マリンスポーツが市民の間に定着していない。例えば「横須賀は、ウィンドサーフィン」というくらいポイントを絞って全市民に親しまれるような取り組みをしたらどうか、などという話もありました。
 いずれも、言われれば「なるほど」と思えるのですが、大切な視点です。多くの課題がそれぞれのグループで出されており、来週以降の団会議で精査し、政策提言の加筆・見直しをしていきます。

トレニア.JPG
 トレニアが庭中で勢いを増しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント