北九州フェリーの就航へ、近隣住民への説明も・・・

 総務常任委員会が開かれ、補正予算や外郭団体の決算などについて審査が行われました。委員会では、市民税支払いのキャッシュレス化や市役所窓口におけるICT化の推進、市役所での障害者雇用が法定雇用率を下まわっている問題、ヴェルニー公園で建設中のガイダンスセンターで国庫補助を活用し4千万円余の補正予算を計上していること、などで質疑が交わされまし…
コメント:0

続きを読むread more