今の感染拡大ペースでは、1月中に医療崩壊か

 市内では、老人ホームに続いて飲食店でもクラスターが発生し、感染者が著しく増えています。神奈川県全体で感染者数が増えているのですが、とりわけ、本市は感染率が高く悪化しています。

県のデータ0.png
 市内の病床数もひっ迫しつつありますが、県の行った推計では、今の状況が続いた場合、1月半ばには病床が埋まり、新しい感染者の受入れが困難になると予測されています。医療機関による病床拡大ができたとしても、1月末には患者数がそれを超えるそうです。
 また、宿泊療養施設は現時点で約900室ですが、今のままでは1月下旬には満室となり、新しい感染者の受入れが困難になると予測されています。

県のデータ1.png
 県では、可能な限りの外出自粛、マスクなど基本的な感染防止対策の徹底、大人数・長時間の会食自粛、慎重な帰省、初詣の分散参拝、を呼びかけています。
 今のままでは、深刻な事態を招くことになります。油断大敵。ひとり一人の努力が問われています。

県のデータ2.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント