時短に応じた飲食店等に多額の協力金が支払われるのですが・・・

 緊急事態宣言が出されて飲食店の営業時間短縮が求められていますが、それに応じた店には1日6万円の協力金が支払われます。しかし、それによる影響を受けながら対象とならない事業者も多くあり、不満の声が上がっていました。そして、東京都知事などは、それに対する支援策を求めていました。
 すると、国からは「売り上げが半分以下に落ち込んだ食材や器材の納入業者に最大40万円の一時金を支給する」と発表されました。一律支給ですから、規模によっては焼け石に水という事業者もあります。
 こうした支援によって、事業の存続に結びつくのならばいいのですが、一度きりであり、中途半端な額ならば無きに等しい結果となってしまいます。
 1日6万円の協力金も、個人経営ではたいへん大きな額であり、「協力金バブル」という言葉もSNS上に発信されています。1日の売上げが1万円に満たない小さなスナックで計310万円もの協力金がもらえるとのニュースも・・・。
 神奈川県では、この協力金を最大162万円、33,000店舗を見込んで、543億円を補正予算で計上しました。
 何度も言うようですが、国の財政は瀕死の状況です。本当に必要な支援のみするべきで、いくらスピード感重視といっても、後先のことがあまりになおざりにされているように思えてなりません。

霜のツツジ.jpg
 昨晩雨が降って、気温が低かったことから、朝、庭のツツジが霜の降りたように白くなっていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント