感染症患者受け入れ病院への配慮で、新たな国の補助金を活用へ

 今日は、基本構想・基本計画策定特別委員会と「コロナ対策協議会」が開かれました。「コロナ対策協議会」では、議会側から市側に提出した要望に対して、各部局からの回答が示されました。主なものは次のとおりです。
 生活困窮者への相談体制の強化については、自立に向けた支援につながるよう、次の議会に補正予算を提出する予定。感染症患者を受け入れている市立2病院・共済病院での職員の負担感に対する配慮については、国の新たな補助金を活用していきたい。保健所の業務増大に対しては、他部局での併任による応援体制や時間外での対応に時差出勤を活用するなどして職員の負担軽減に努めている。一時延期となった乳幼児検診は集団検診を基本とするが、個別検診を導入できないか検討していく。BCGは今年5月から個別接種に移行する。

基本計画特別委員会.png
 基本構想・基本計画策定特別委員会では中間報告のまとめ方を協議

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント